EMPLOYEE INTERVIEW

全ては、日本中の家族のために!

吉見 俊哉Shunya Yoshimi

2019年 中途採用
"R"プロジェクトマネージャー
プリベンティブアグリカルチャー検定
プロジェクトマネージャー

夏山

今日は私のメンターでもあり、2つのプロジェクトマネージャーを勤める吉見さんにお話を聞きたいと思います!
早速ですが、HPを見ている方に自己紹介をよろしくお願いします!

吉見

お願いします!
生まれも育ちも東京で高校まで野球をしていました!
その後、東京農大の短大でアメフトに出会い短大から東京農大に編入して大学生活はトータルで7年通ってましたw
そのうち3年は網走にいました!
そこでホタテ漁のバイトしてて、おじちゃんと仲良くなったり...

夏山

なんだかWeb系とあまり繋がらなさそうですが、新卒入社したのは大手広告媒体社でしたよね!

吉見

そうだね!
NYで仲良くなった友達が入ってたのと、スマホで広告がバンバン出てるのを見て今後さらに発展するだろうなぁと思って新卒でマイクロアドに入社してその後はluteにいました。
その時、マイクロアドの取引先で仲良くしていた人の中に今のIMKの社員がいて一緒に仕事しない?って連絡が来て2019年からIMKにジョインしてます!

夏山

吉見さんすぐ人と仲良くなるんですね!
さすがです!

それは置いといて、前職は大手企業だったのに
何で転職したんですか?

吉見

飽きてしまったんです。

夏山

おぉ

吉見

大手企業だからこそ、大きい仕事ができるのは達成感があってよかったんですけど自社サービスを売るときにいつも同じ喋り方でつまらなかったんです。

その時にIMKの社員の人に出会って仲良くしてたら、一緒に仕事しないか?って。
それで転職しました!

夏山

いやぁ素晴らしい行動力ですね!

転職に不安はなかったんですか?

吉見

自分自身はなかったですね!

でも、子供が産まれる前だったし嫁はすごい不安がってましたね...

夏山

うわぁそれは不安でしょうね...

吉見

だからこそいつも以上に頑張れた所もあります!
嫁を不安にさせないくらい頑張って成果を残そうって!
確実に自分の原動力なんです!

夏山

IMK1の愛妻家ですもんね!
毎日のように奥さんや娘さんのすごいかわいい写真をみんなに見せてくれるんです!
いつも顔が怖い吉見さんですが、その時は、仏みたいに優しい顔してるんです!

吉見

おい笑

夏山

すみません!
自己紹介ありがとうございました。

では、次に質問させてください!
IMKのMISSIONは「UPDATE THE WORLD」ですが、このMISSIONの実現を目指すIMKに入社して
自分自身がアップデートしたことってありますか?

吉見

将来の考え方が一番変わりましたね!

夏山

へぇ、具体的にはどんな風に変わったんですか?

吉見

自分は元々、35歳までに6000万円くらいの家を建てたいなぁと漠然と考えてたんです。
それを社長に話す機会があって、その時に社長が「そんな考えの人はうちにはいらないです。0が一つ足りないですね」って言ったんです。笑
それで自分の目標は6000万から6億の家にアップデートしました!

夏山

6億!!!
大豪邸ですね‼︎

吉見

ドックランも作る予定です。笑

夏山

ドックラン〜!

社長との会話がきっかけで考え方が変わったんですか?

吉見

きっかけはそうですね!
でも、よく社長は「どうなりたいんですか?」って聞くんです。
その答えを探していたんですけど1人で独立する気もないし、会社を立ち上げるつもりもない。
それで、将来家を建てたい話をしたんです。

でも、より大きな目標に変わった時に、なんでそれを目指そうとしててどうしたら実現ができるのか。
実現のために自分が今IMKで最大限できることはなんなのか。
改めて考えるようになりました。

夏山

そうなんですね!
ただ夢がある状態じゃなくて、その夢がどうしたら実現できるか考えるようになったんですね!

吉見

そう。
あとは、考え始めたことで自分の目線の小ささもその時に気づきました。
よく虫の目、鳥の目、魚の目って聞きますよね。

夏山

ちょっと聞いたことないです!

吉見

簡単に説明すると、
虫の目→細かい視点で物事を分析する視点
鳥の目→広い視野で物事を俯瞰する視点
魚の目→全体の流れを把握する視点
ということです。

今まで、目の前のにあることだけを考えていました。
でも改めて夢の実現のためにどうするかを考え始めたことで、今の仕事が将来とどう繋がるのか、今やるべきことが何で、やらなくていいことは何か、夢までの最短距離でいくためにはどうすればいいか。
より将来に向けての自分の行動を分析するようになりましたね。

夏山

なるほど!
勉強になります!
いやぁでも目線や考え方って変えるの大変じゃなかったですか?

アップデートのために何か心がけていたことはありました?

吉見

自分の将来の考えを言い続けることですかね!

夏山

おお!詳しく教えてください!

吉見

IMKのバリューに「実行者であれ」ってありますよね。
将来の夢や目標を口に出すことは誰にでもできるんです。
でもそれを実行に移せる人は少ない。

IMKにいて、将来を目指す自分は「実行者」である必要があるんです。
だからこそ将来の考えを周り言い続けることで、まず、やらなきゃいけない環境を作りました!

夏山

荒技ですね!

吉見

でもこれのおかげで前より実現のために今実行することは何か考えられるようになりましたね。
そして、何事も将来に繋げられるようになって行動も変わりました。

夏山

6億の家を建てる。この将来を言った時周りの反応はどうでした?

吉見

みんな笑ってました!
その中でも一番嫁にバカにされました!笑
それは今もずっと変わらないですねぇ〜
まだ自分が実現できていないから仕方がないんです。

でも必ず実現させてかっこいい旦那、パパになるんです!
それにでかい将来をもってるパパを子供に見せてあげたいんで!

夏山

全部、家族に繋がりますね!

吉見

そうですね。笑

でも自分にとっての1番の原動力なので!
6億の家も家族を幸せにすることに繋がると思っています!

夏山

素晴らしいです!家族のためにも早く6億の家を建てなきゃですね!
このHPを見ている人も、吉見さんの夢を覚えておいてください!
みんなでドックランに行きましょう!

吉見

いや、あなたは来ないでください。笑

夏山

将来の考え方が変わったことで、何事も将来に繋げられるようになったとおっしゃっていましたが、
今やっている事と将来はどう繋がるんですか?

吉見

自分は今、東京農大で学んだことを生かしてプリベンティブアグリカルチャー検定のプロジェクトを任されています。
予防医学の観点から、日本の土壌問題や農業の考え方を学ぶ検定です。
この検定は、日本のヘルス事業をアップデートすることに繋がります。

そのアップデートの実現によって日本中の家族がより健康に生き方や考え方が変わっていくと思うんです。
もちろん、その中自分の家族も入っています。

6億の家が建つこととすぐには繋がらないけれど、その先の家族が幸せだと思う環境を実現することに繋がると感じています。いつか娘がパパがこの検定を作ったんだよ!って友達に自慢できるような検定にしたいと思っています!

夏山

素敵ですね!自分の家族が、日本中の健康をアップデートできるような検定をプロデュースしているなんて、絶対自慢して歩きますね!

いやぁなんだかすごくいい話が聞けました!
ありがとうございました!

では、最後にHPを見ている皆さんに言いたいことはありますか?

吉見

今あなたが大切にしている事、大切な物があるのであれば、そのために自分が今没頭出来ることに没頭しましょう!
それがIMKにあるのであれば、一緒に叶えませんか?
I think that success is having fun.

夏山

ありがとうございました!