1. 株式会社IMKホールディングストップページ > 
  2. 社員インタビュー > 
  3. ホー ゴック アン

社員インタビュー


エンジニア ホー・ゴック・アン

2017年10月入社

1990年ベトナム・ホーチミン生まれ。もともと日本が好きで、大学時代から日本語の勉強を始める。ベトナムで日系企業にエンジニアとして就職したことがあり、日本で働くことにとても憧れていた。まだ友達が少なく寂しい夜を過ごしているため、どんどん友達を増やして色々なところに遊びに行くのが当面の目標。



現在の業務内容は?

今は、社内での色々な開発業務を担当しています。社員の業務時間を短縮できるような社内システムや、ローンチ予定中の自社サービス(内容はまだ秘密?)を作っています。メインはWeb上のプログラミングです。


日本に来た経緯を教えてください。

もともとすごく日本に興味がありました。特に好きなのが日本の文化で、その中でも「お祭り」。見ていて意味はわからないけど、なぜかおもしろくて好きです(笑)また、日本とベトナムでは仕事上のマナーが全然違います。ベトナムでは、仕事中に挨拶・お礼を言うことがないんです。日本では仕事中の挨拶が盛んで、それも日本にいきたいなーと思った理由です。大学4年間で日本語とプログラミングを学び、日系企業に入社しました。




業務の楽しさややりがいはなんですか?

自分が作ったシステムが、うまく動いていると嬉しいし、それが楽しいところかもしれません。仲間が自分のシステムを使ってくれているのを見るとやりがいを感じます。昔からゲームが好きだったんですが、プログラミング自体がゲームみたいで面白いです。


以前はNECでエンジニアをしていたそうですが、IMKはどうですか?

NECは大規模な会社なので、福利厚生の制度が発達していました。その代わり、仕事の時は厳しいルールが多くて、あまり楽しくはなかったです。IMKは小規模な会社だけど、だからこそ自分の成長するチャンスがたくさん転がっています。会社全体がイメージできるから、いろいろなことが勉強になっています。また、人数が少ないからこそみんなの距離感が近いです。全体的に柔らかい雰囲気で、仕事がしやすいです。




今はWeb上の開発をしていますが、これから他にやりたいことはありますか?

まずは、日本語をもっとうまく話せるようになりたいです。そして、日本の面白いところ、有名なところに行って、いろいろなことを体験したいです。仕事では、もっと開発のスキルを高めたいです。Web開発は得意ですが、アプリ開発とかはあまり経験がないので、今は携帯アプリのプログラミングを勉強しているところです。


未来の仲間に向けて一言!

一緒に働いて、お酒を飲みに行って、いろいろな製品を作って、会社の成長のために頑張っていきましょう!